世界遺産の対象

日本の世界遺産を知る

MENU

日本の世界遺産の対象になるものは?

 

世界的に重要な文化財というのは保護をしなければなりません。そのような目的のもと、ユネスコによって制定されたのが世界遺産条約です。そしてこの世界遺産条約に登録されている重要な文化財であったり自然といったものを世界遺産といいます。

 

では、この世界遺産に登録をされるとどのようなことになるのでしょうか?世界の国々がお金を出し合って、文化財を保護したり修復といったものを学ぶ支援なども行っているんですよ。

 

では、この世界遺産というのはどのように選ばれるのでしょうか?世界遺産条約を結んだ国の政府が推薦リストを作成し、提出します。その後ユネスコにおいて審査が行われ、国際保護連合における審査を通過することではじめて世界遺産に登録されるのです。

 

この世界遺産の対象となっているのは、3つに分類されます。

  • まず文化遺産です。建築物であったり文化的景観といった時代を超えて価値が認められたものです。
  • また、自然遺産というのは地形、景観において文化遺産と同じように普遍的な価値があるのです。
  • そして絶滅危惧種動植物が生息している地帯においてもこの世界遺産となります。

このように、世界遺産というのは非常に価値が高く、多くの魅力があるものなんですよ。

 

日本の世界遺産 厳島神社

厳島神社

 

厳島神社といえば日本三景の1つにも指定されている非常に有名な場所です。厳島は、海上に浮かぶ神殿と言われていることもありますし、厳島神社の神地としても崇敬されています。この厳島はほぼ原始林によって構成されており、文化財と美しい自然との調和が訪れた人を魅了します。

 

1996年に世界文化遺産に登録されました。登録をされたのは厳島神社の社殿だけでなく大鳥居、さらに弥山も含まれています。

 

厳島は、観光地としても非常に有名ですが、昔は人が住むようなことはできない極めて神聖な島だったそうです。現在も船でしかたどり着くことはできません。そして島全体が御神体ですので御神体に杭を打つことはできない、ということから波打ち際に神社が建てられたといわれています。

 

厳島神社といえば、平家と非常に関係の深い社と覚えている方も多いのではないでしょうか?平清盛が厳島神社を大造営したことで貴族の住居や社殿を作り上げました。そして現在のような規模になったのです。

 

この日本屈指の名社でもある厳島神社の最大の見どころは、やはり潮の満引きによって表情を大きく変えるということです。潮の満引きによって表情を変える神社というのは厳島神社だけですよね。

 

日本の世界遺産と知床半島

知床

 

世界遺産となった日本の最果ての土地です。最近では世界遺産を観光の目玉にしているツアーなども多く販売されています。その中には世界遺産の注目すべきポイントをしっかりと押さえている非常に良いツアーもあります。

 

そのため、どのような内容のツアーなのかということを事前にチェックをしておくというのも良いでしょう。まず、知床半島は世界自然遺産ですのでその価値はなによりも自然がそのままの状態で残っているということです。

 

大雑把に言うのであれば亜寒帯地帯における海への九龍、そしてその周辺に存在している動植物が独自の生態系を形成しているということがなによりも魅力的なポイントなのです。

 

夏場には車で走っているとヒグマに遭遇することも少なくありませんし、エゾシカであれば必ずと言って良いほど目にすることになるでしょう。キタキツネやシマリスも頻繁に目にすることができますよ。

 

秋口には鮭、鱒の大群が急流を登る姿を見ることもできますがこの姿というのは非常に魅力的なものです。また、イルカやゴマフアザラシ、トドを目にすることもできるかもしれませんよ。冬には流氷を目にすることもできますし、海の表面が凍りついた状態で岸に向かって近づいてくる様は非常に魅力的なものなのではないでしょうか?

 

流氷

 

 

世界遺産の対象になるものは?記事一覧

日本の世界遺産と石見銀山世界遺産に登録されている石見銀山のことはご存知でしょうか?石見銀山というと、あまりよくご存じではない方も多いかもしれませんが、世界遺産に登録されている非常に素晴らしい場所です。この石見銀山というのは島根県大田市にある日本最大の銀山です。戦国時代から江戸時代前期にかけて最も多くの銀を採掘したと言われています。日本を代表する鉱山遺跡として2007年にユネスコの世界文化遺産い登録...

日本の世界遺産 唐招提寺唐招提寺は1998年に奈良文化財の1つとして世界遺産に登録されています。唐招提寺は、奈良市五条町に立てられた寺院です。唐招提寺の講堂は東朝集殿を改造したものであり、奈良時代宮廷建築として残る唯一の建造物として非常に貴重なものとされています。唐招提寺はこれまでに4回もの大修理が行われた唐招提寺金堂があります。この唐招提寺が創建された時代というのは、鑑真和上来日から数年後の75...

日本の世界遺産と東大寺世界遺産の東大寺というのは日本でも非常に人気の名所です。この東大寺にはどのような魅力があるのでしょうか?東大寺の基本的な知識についてご紹介します。東大寺というのは、奈良県奈良市雑司町にある寺院です。東大寺は観光客や修学旅行脚の間で非常に人気がありますよね。この東大寺の近くには、校倉造でも有名な正倉院もあります。東大寺は、平城京にあります。都の東に建設されている大寺ということか...

日本の世界遺産として認められている白神山地日本の世界遺産として青森県・秋田県に位置する白神山地は、1993年に認定を受けています。宿泊は連泊するのがおすすめとされているほど、自然の恵みを体験することができるでしょう。現地までは色々な手段で伺うことができますが、肝心の白神山地に行くには、公共交通機関では不便を感じるかもしれません。多くの環境客はツアーで訪れるか、レンタカーを借りて移動するというケース...